30条の12 協議の場


医療法

第三十条の十二 都道府県は、次に掲げる者の管理者その他の関係者との協議の場を設け、これらの者の協力を得て、救急医療等確保事業に係る医療従事者の確保その他当該都道府県において必要とされる医療の確保に関する事項に関し必要な施策を定め、これを公表しなければならない。
一 特定機能病院
二 地域医療支援病院
三 第三十一条に規定する公的医療機関
四 医師法第十六条の二第一項に規定する厚生労働大臣の指定する病院
五 診療に関する学識経験者の団体
六 大学その他の医療従事者の養成に関係する機関
七 当該都道府県知事の認定を受けた第四十二条の二第一項に規定する社会医療法人

2 前項各号に掲げる者の管理者その他の関係者は、同項の規定に基づき都道府県が行う協議に参画するよう都道府県から求めがあつた場合には、これに協力するよう努めなければならない。