30条の06 医療計画の変更


医療法

第三十条の六 都道府県は、少なくとも五年ごとに第三十条の四第二項第一号に定める目標(医療計画に同条第三項第一号に掲げる事項を定める場合にあつては、同号に定める目標を含む。)の達成状況及び同条第二項各号(第一号を除く。)に掲げる事項(医療計画に同条第三項第二号に掲げる事項を定める場合にあつては、同号に掲げる事項を含む。)について、調査、分析及び評価を行い、必要があると認めるときは、当該都道府県の医療計画を変更するものとする。