[規則] 別記様式4 (第四十二条の二関係)


[規則] 医療法施行規則

別記様式第四 (第四十二条の二関係)

面裏

面表

医療法抜すい

 

第六条の八(略)

 

3 第一項の規定によつて立入検査をする当該職員は、その身分を示す証明書を携帯し、かつ、関係人の請求があるときは、これを提示しなければならない。

 

4 第一項の規定による権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならない。

 

第六十三条 都道府県知事は、医療法人の業務若しくは会計が法令、法令に基づく都道府県知事の処分、定款若しくは寄附行為に違反している疑いがあり、又はその運営が著しく適正を欠く疑いがあると認めるときは、当該医療法人に対し、その業務若しくは会計の状況に関し報告を求め、又は当該職員に、その事務所に立ち入り、業務若しくは会計の状況を検査させることができる。

 

2 第六条の八第三項及び第四項の規定は、前項の規定による立入検査について準用する。

 

第七十六条 次の各号のいずれかに該当する場合においては、医療法人の理事、監事又は清算人は、これを二十万円以下の過料に処する。ただし、その行為について刑を科すべきときは、この限りでない。

 

四の二 第六十三条第一項の規定による報告を怠り、若しくは虚偽の報告をし、又は同項の規定による検査を拒み、妨げ、若しくは忌避したとき。

第   号

 

官職又は職名

 

氏名

 

年  月  日生

 

医療法第六十三条の規定による当該職員の証

 

平成  年  月  日発行

厚生労働省

○○都道府県)

印 

写真






[施行規則] 医療法施行規則