[規則] 09条の20 法第十六条の三第一項各号に掲げる事項


[規則] 医療法施行規則

第九条の二十 特定機能病院の管理者は、次に掲げるところにより、法第十六条の三第一項各号に掲げる事項を行わなければならない。

一 次に掲げるところにより、高度の医療を提供すること。
イ 特定機能病院以外の病院では通常提供することが難しい診療の提供を行うこと。
ロ 臨床検査及び病理診断を適切に実施する体制を確保すること。
ハ 第一条の十一第一項各号及び第九条の二十三第一項第一号に掲げる体制を確保すること。
ニ 第九条の二十三第一項第二号に規定する報告書を作成すること。

二 次に掲げるところにより、高度の医療技術の開発及び評価を行うこと。
イ 特定機能病院以外の病院では通常提供することが難しい診療に係る技術の研究及び開発を行うこと。
ロ 医療技術の有効性及び安全性を適切に評価すること。

三 高度の医療に関する臨床研修(医師法第十六条の二第一項及び歯科医師法第十六条の二第一項の規定によるものを除く。)を適切に行わせること。

四 診療並びに病院の管理及び運営に関する諸記録の管理に関する責任者及び担当者を定め、諸記録を適切に分類して管理すること。

五 診療並びに病院の管理及び運営に関する諸記録の閲覧に関する責任者、担当者及び閲覧の求めに応じる場所を定め、当該場所を見やすいよう掲示すること。

六 次に掲げるところにより、紹介患者に対し、医療を提供すること。
イ その管理する病院について、次の式により算定した数(以下「紹介率」という。)を維持し、当該維持された紹介率を高めるよう努めること。
(A+B+C)/(B+D)
(この式において、A、B、C及びDは、それぞれ次の値を表すものとする。
A 紹介患者の数
B 他の病院又は診療所に紹介した患者の数
C 救急用自動車によつて搬入された患者の数
D 初診の患者の数)
ロ 紹介率が百分の三十を下回る病院にあつては、紹介率を百分の三十まで高めるよう努めるものとし、そのための具体的な年次計画を作成し、厚生労働大臣に提出すること。
ハ ロに規定する年次計画を作成するに当たつては、おおむね五年間に百分の十紹介率を高める内容のものとすること。