[規則] 30条の23 (記帳)


[規則] 医療法施行規則

(記帳) 

第三十条の二十三 病院又は診療所の管理者は、帳簿を備え、次の表の上欄に掲げる室ごとにそれぞれ同表の中欄に掲げる装置又は器具の一週間当たりの延べ使用時間を記載し、これを一年ごとに閉鎖し、閉鎖後二年間保存しなければならない。ただし、その室の画壁等の外側における実効線量率がそれぞれ同表の下欄に掲げる線量率以下になるようにしやへいされている室については、この限りでない。

治療用エックス線装置を使用しないエックス線診療室

治療用エックス線装置以外のエックス線装置

四十マイクロシーベルト毎時

治療用エックス線装置を使用するエックス線診療室

エックス線装置

二十マイクロシーベルト毎時

診療用高エネルギー放射線発生装置使用室

診療用高エネルギー放射線発生装置

二十マイクロシーベルト毎時

診療用粒子線照射装置使用室

診療用粒子線照射装置

二十マイクロシーベルト毎時

診療用放射線照射装置使用室

診療用放射線照射装置

二十マイクロシーベルト毎時

診療用放射線照射器具使用室

診療用放射線照射器具

六十マイクロシーベルト毎時


2 病院又は診療所の管理者は、帳簿を備え、診療用放射線照射装置、診療用放射線照射器具、診療用放射性同位元素又は陽電子断層撮影診療用放射性同位元素の入手、使用及び廃棄並びに放射性同位元素によつて汚染された物の廃棄に関し、次に掲げる事項を記載し、これを一年ごとに閉鎖し、閉鎖後五年間保存しなければならない。
一 入手、使用又は廃棄の年月日
二 入手、使用又は廃棄に係る診療用放射線照射装置又は診療用放射線照射器具の型式及び個数
三 入手、使用又は廃棄に係る診療用放射線照射装置又は診療用放射線照射器具に装備する放射性同位元素の種類及びベクレル単位をもつて表した数量
四 入手、使用若しくは廃棄に係る医療用放射性汚染物の種類及びベクレル単位をもつて表わした数量
五 使用した者の氏名又は廃棄に従事した者の氏名並びに廃棄の方法及び場所