告示‎ > ‎

[告示] 放射線診療従事者等が被ばくする線量の測定方法並びに実効線量及び等価線量の算定方法


放射線診療従事者等が被ばくする線量の測定方法並びに実効線量及び等価線量の算定方法
(平成12年12月26日 厚生省告示第398号)

医療法施行規則(昭和23年厚生省令第50号)第三十条の十八第二項の規定に基づき、放射線診療従事者等が被ばくする線量当量の測定方法並びに実効線量当量及び組織線量当量の算定方法(昭和六十三年九月厚生省告示第二百四十五号)の全部を次のように改正し、平成十三年四月一日から適用する。