3-5 患者等の搬送の業務(新省令第九条の十一関係)


[通知] 医療法の一部を改正する法律の一部の施行について
第三 業務委託に関する事項

5 患者等の搬送の業務(新省令第九条の十一関係)

(1) 業務の範囲に関する事項
新政令第四条の七第四号に掲げる業務は、患者、妊婦、産婦又はじょく婦の病院、診療所若しくは助産所相互間の搬送の業務及びその他の搬送の業務で重篤な患者について医師又は歯科医師を同乗させて行うものをいい、病院、診療所又は助産所内の患者等の移動は含まないこと。

(2) 人員に関する事項
ア 受託責任者について
新省令第九条の十一第一号に規定する相当の知識とは、医師法、医療法等関係法規に関する知識をいい、相当の経験とは、原則として三年以上の患者等の搬送業務についての実務経験をいうものであること。
イ 従事者について
新省令第九条の十一第二号に規定する必要な知識及び技能とは、次に掲げる知識及び技能をいうものであること。
① 用手法による気道確保、胸骨圧迫心マッサージ、呼気吹き込み法による人工呼吸、安静及び必要な体位の維持並びに保温等の応急手当
② 体温、脈拍、呼吸数、意識状態、顔色の観察等の観察要領
③ 主治医との連携
④ 搬送用自動車及び積載資器材の消毒の方法並びに保守管理の方法

(3) 運営に関する事項
ア 標準作業書
新省令第九条の十一第五号に規定する標準作業書の具体的記載内容は、次のとおりであること。
① 搬送途上の患者の急変に対する応急手当の方法については、用手法による気道確保、胸骨圧迫心マッサージ、呼気吹き込み法による人工呼吸、安静及び必要な体位の維持、保温等の方法
② 患者の観察要領については、体温、脈拍、呼吸数、意識状態、顔色の観察等の方法
③ 主治医との連携については、搬送に際して事前に医師に説明すべき事項及び搬送途上の患者の急変の際に医師に連絡すべき事項
④ 搬送用自動車及び積載する資器材の滅菌又は消毒及び保守管理
イ 業務案内書
医師の同乗を前提とした搬送を行わない場合には、この旨を業務案内書に明記すること。

(4) 従事者の研修に関する事項
新省令第九条の十一第七号に規定する研修は、患者等の搬送の業務を適切に行うために必要な知識及び技能を修得することを目的とし、次に掲げる事項を含む研修であること。
① 標準作業書の記載事項
② 患者の秘密の保持
③ 受託責任者にあっては、医療法、医師法等の医療関係法規、道路運送法、道路交通法等運輸関係法規及び労働関係法規





[通知] 医療法の一部を改正する法律の一部の施行について