1 医療提供に当たっての説明に関する事項


[通知] 医療法の一部を改正する法律の一部の施行について

第一 医療提供に当たっての説明に関する事項

本改正により、医療の担い手は、医療を提供するに当たり、適切な説明を行い、医療を受ける者の理解を得るよう努めるものとされたところである。医療は、医師等医療の担い手が患者の状況、立場を十分尊重しながら、患者との信頼関係に基づき提供されることが基本であることから、適切な対応が求められること。
なお、医薬品の治験に関しては、薬事法(昭和三五年法律第一四五号)及び医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(平成九年厚生省令第二八号)に基づき、治験責任医師等に被験者に対する文書による説明と同意の取得が既に義務付けられているところであるが、医薬品の治験と同様に新しい治療法の開発等を目指す臨床研究の場合については、本改正規定の運用に当たって、この医薬品の治験の取扱いに準じた取扱いとすること。