通知‎ > ‎平成の通知‎ > ‎

平成10年06月30日 放射性医薬品を投与された患者の退出について


放射性医薬品を投与された患者の退出について
(平成10年6月30日 医薬安第70号)
最終改正:平成22年11月8日 医政指発第1108第2号

放射性医薬品を投与された患者の取扱いについては、医療法施行規則第三〇条の一五に基づき、対応してきたところであるが、近年、医学の進歩に伴い、我が国においても放射性医薬品を利用した適切な治療を可能とする環境を整える必要が生じたことから、標記について、「医療放射線安全管理に関する検討会」において検討を行い、「放射性医薬品を投与された患者の退出に関する指針」(別添)をとりまとめたところである。今後、放射性医薬品を用いた治療を行う際には、この指針を参考に、安全性に配慮して実施するよう関係者への周知徹底方お願いする。

別添 放射性医薬品を投与された患者の退出に関する指針






[通知] 放射性医薬品を投与された患者の退出について