1 地域における協議機関の設置等


[通知] 地域における公的病院等を含めた医療機関の機能分担と連携の確保への協力依頼について

1 地域における協議機関の設置等

地域において、当該地域の実情に応じて、公的病院等の役割や在り方を検討し、民間医療機関との連携を確保するため、当該地域の公的病院等及び民間医療機関の関係者、医療行政担当者、医療を受ける立場にある住民などを構成員とした協議の場を設置し、活用することが望ましいこと。
具体的には、
① 医療法(昭和23年法律第205号)第36条に規定する公的医療機関運営審議会
② 医療法第71条の2に規定する都道府県医療審議会
などの既存の機関に必要な関係者を追加し協議の場として活用する、又は既存の機関とは別に新たな協議の場を設置することなどが考えられ、また、そのカバーする範囲についても二次医療圏単位や都道府県単位などが考えられるが、いずれも、各都道府県の判断により適切な場を設置するようお願いしたいこと。
なお、設置状況等については、追って、調査をすることを予定しているので、御協力方お願いしたいこと。
また、国等が設置する公的病院等について、地域における協議にとどまらず、国等における対応が必要な場合には、必要に応じて、関係省庁連絡会議を活用する等により関係省庁が連携して調整を行うこととしていることを申し添える。