1 機構の概要について


[通知] 独立行政法人医薬品医療機器総合機構法の施行等について〔医療法〕

第1 機構の概要について

機構の概要は次のとおりであること。

1 名称
独立行政法人医薬品医療機器総合機構

2 目的
(1) 医薬品の副作用又は生物由来製品を介した感染等による健康被害の迅速な救済を図ること。
(2) 国民の健康の保持増進に寄与する医薬品技術等の研究及び開発を振興するとともに、医薬品等の品質、有効性及び安全性の向上に資する審査等の業務を行い、もって国民保健の向上に資すること。

3 職員の身分
非公務員型

4 役員の名称・数
理事長1名、理事3名以内、監事2名

5 業務の範囲(主な業務)
(1) 副作用救済業務及び感染救済業務(新規)
(2) 薬事法に基づく医薬品・医療用具等の調査・審査業務
(3) 治験相談業務
(4) 医薬品・医療用具等の品質、有効性及び安全性に関する情報の収集・整理、調査・分析・評価、情報提供業務(安全対策業務)
(5) 研究開発振興業務(基礎的研究業務、研究振興業務(新規)、希少疾病用医薬品等開発振興業務)
(6) 受託・貸付業務(スモン関係)、受託給付業務(HIV関係)
(7) 承継業務(医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構(以下「旧機構」という。)が行ってきた出融資事業に関する経過的業務)

6 所在地及び連絡先
〒100―0013 東京都千代田区霞が関3―3―2新霞ヶ関ビル
電話:03―3506―9541
FAX:03―3506―9417