別添1 一定の頻度で対応することが想定される者のための自動体外式除細動器(AED)講習


[通知] 自動体外式除細動器(AED)の講習内容の取りまとめについて

別添1

一定の頻度で対応することが想定される者のための自動体外式除細動器(AED)講習

 

【一般目標】

1.救命の連鎖と早期除細動の重要性を理解する

2AED到着までの基本的心肺蘇生処置が実施できる

3.正しくAEDを作動させ、安全に使用できる

4.業務の中でのAEDの位置づけについて理解する

 

【講習内容】

 

大項目

中項目

小項目

到達目標

時間()

イントロダクション

コース開催の目的

コースの概説

病院外心停止者への対策及び救命の連鎖の重要性

病院外心停止者への対策及び救命の連鎖の重要性を理解する

15

基本的心肺蘇生処置(実技)

意識・呼吸・循環のサインの確認と心肺蘇生法

意識の確認、通報、気道の確保

意識の確認、早期通報、気道の確保が実施できる

10

人工呼吸

人工呼吸法が実施できる

15

循環のサインと心臓マッサージ

循環のサインを確認し心臓マッサージが実施できる

15

シナリオに対応した心肺蘇生法

シナリオに対応した心肺蘇生法の実施ができる

10

休憩

15

AEDの使用方法(実技)

AEDの使用方法

AEDの使用方法(ビデオあるいはデモ)

AEDの電源の入れ方とパッドの装着方法を理解する

10

指導者による使用方法の実際の呈示

AEDの使用方法と注意点を理解する

10

AEDの実技

シナリオに対応して、安全にAEDを使用できる

60

知識の確認(筆記試験)

実技の評価(実技試験)

知識の確認

シナリオを使用した実技の評価

心肺蘇生法とAEDに関する知識を確認する

様々なシナリオに対応したAEDや心肺蘇生法が実施できることを確認する

60

講習時間計

220

 

【留意事項】

○ 筆記試験及び実技試験については、客観的評価を行い、原則として試験の結果により内容の80%以上を理解できたことを合格の目安とすること。

○ 講習対象者の活動領域等に応じたシナリオの作成等、講習内容の創意工夫をおこなうこと。

○ 2年から3年間隔での定期的な再講習をおこなうこと。

○ 効果的かつ質の高い実習を行うために、受講者と用いる教材・機材等の配置については51以内が望ましいこと。

○ 効果的かつ質の高い実習を行うために、受講者と指導者の配置については101以内が望ましいこと。