5 大学病院と共同して臨床研修を行う臨床研修施設の研修プログラムの変更又は新設の届出


[通知] 大学病院と共同して歯科医師の臨床研修を行う臨床研修施設の特例について

第5 大学病院と共同して臨床研修を行う臨床研修施設の研修プログラムの変更又は新設の届出


1 協力型相当大学病院と共同して臨床研修を行う管理型臨床研修施設の研修プログラムの変更又は新設の届出

(1) 協力型相当大学病院と共同して臨床研修を行う管理型臨床研修施設の開設者は、研修プログラムを変更する場合又は新たに研修プログラムを設ける場合には、当該研修プログラムに基づく臨床研修を行おうとする年度の前年度の4月30日までに、当該研修プログラムに関し、次に掲げる書類を添えて研修プログラム変更・新設届出書(施行通知の様式8)を厚生労働大臣に提出しなければならないこと。
ア 変更又は新設に係る研修プログラム(研修プログラムの変更の場合にあっては、変更前及び変更後の研修プログラム)
イ 研修プログラムの変更の場合にあっては、変更する箇所を記載した書類(変更部分に下線を付した変更前及び変更後の研修プログラムでも差し支えない。)
ウ 臨床研修施設群を構成する病院又は診療所及び大学病院相互間の連携体制を記載した書類(様式1)
エ 協力型相当大学病院の大学病院概況表(変更等記載用)(様式5)
オ 協力型相当大学病院の構成に変化がある場合にあっては、新たに管理型臨床研修施設と共同して臨床研修を行う協力型相当大学病院の大学病院承諾書(様式3)
カ 研修協力施設と共同して臨床研修を行う場合にあっては、研修協力施設の研修協力施設概況表(施行通知の様式9)及び研修協力施設承諾書(施行通知の様式5)

(2) 協力型相当大学病院の管理者に対しては、依頼通知により、当該病院の大学病院概況表(変更等記載用)(様式5)を作成し、また、新たに管理型臨床研修施設と共同して臨床研修を行う協力型相当大学病院においては当該病院の大学病院概況表(変更等記載用)(様式5)及び大学病院承諾書(様式3)を作成し、管理型臨床研修施設の開設者に送付するようお願いしていること。

(3) 協力型相当大学病院と共同して臨床研修を行う管理型臨床研修施設の開設者は、当該病院又は診療所に関する研修プログラム変更・新設届出書及び添付書類と、共同して臨床研修を行う協力型臨床研修施設に関する研修プログラム変更・新設届出書とを一括して、当該管理型臨床研修施設の所在地を管轄する地方厚生局健康福祉部医事課あてに送付すること。


2 管理型相当大学病院と共同して臨床研修を行う協力型臨床研修施設の研修プログラムの変更又は新設の届出

(1) 管理型相当大学病院と共同して臨床研修を行う協力型臨床研修施設の開設者は、研修プログラムを変更する場合又は新たに研修プログラムを設ける場合には、当該研修プログラムに基づく臨床研修を行おうとする年度の前年度の4月30日までに、当該研修プログラムに関し、次に掲げる書類を添えて研修プログラム変更・新設届出書(施行通知の様式8)を、共同して臨床研修を行う管理型相当大学病院の管理者を経由して厚生労働大臣に提出しなければならないこと。ただし、管理型相当大学病院の管理者を経由できない場合にあっては、当該管理型相当大学病院の所在地を管轄する地方厚生局健康福祉部医事課に相談すること。
ア 変更又は新設に係る研修プログラム(研修プログラムの変更の場合にあっては、変更前及び変更後の研修プログラム)
イ 研修プログラムの変更の場合にあっては、変更する箇所を記載した書類(変更部分に下線を付した変更前及び変更後の研修プログラムでも差し支えない。)
ウ 臨床研修施設群を構成する病院又は診療所及び大学病院相互間の連携体制を記載した書類(様式1)
エ 管理型相当大学病院及び協力型相当大学病院の大学病院概況表(変更等記載用)(様式5)
オ 協力型相当大学病院の構成に変化がある場合にあっては、新たに管理型臨床研修施設と共同して臨床研修を行う協力型相当大学病院の大学病院概況表(変更等記載用)(様式5)及び大学病院承諾書(様式3)
カ 研修協力施設と共同して臨床研修を行う場合にあっては、研修協力施設の研修協力施設概況表(施行通知の様式9)及び研修協力施設承諾書(施行通知の様式5)

(2) 協力型相当大学病院の管理者に対しては、依頼通知により、当該病院の大学病院概況表(変更等記載用)(様式5)を作成し、また、新たに管理型臨床研修施設と共同して臨床研修を行う協力型相当大学病院においては当該病院の大学病院概況表(変更等記載用)(様式5)及び大学病院承諾書(様式3)を作成し、管理型相当大学病院の管理者に送付するようお願いしていること。

(3) 管理型相当大学病院の管理者に対しては、依頼通知により、当該病院の大学病院概況表(変更等記載用)(様式5)を作成し、共同して臨床研修を行う協力型臨床研修施設の研修プログラム変更・新設届出書及び添付書類を取りまとめ、一括して、当該管理型相当大学病院の所在地を管轄する地方厚生局健康福祉部医事課あてに送付するようお願いしていること。この場合において、複数の協力型臨床研修施設の添付書類が重複するときは、1部を残して他を省略しても差し支えないこと。


3 現に研修歯科医を受け入れている臨床研修施設は、当該研修歯科医が研修を修了し、又は中断するまでの間、当該研修歯科医が受ける臨床研修に係る研修プログラムの変更をしてはならないこと。


4 3にかかわらず、やむを得ない場合にあっては、研修プログラムの変更を行うことも認められること。この場合において、臨床研修施設の開設者は、速やかに、1又は2の届出を行わなければならないこと。また、臨床研修施設と共同して臨床研修を行う大学病院の管理者に対しては、依頼通知により、速やかに、1又は2の情報提供を行うようお願いしていること。