通知‎ > ‎平成の通知‎ > ‎

平成19年03月30日 良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律の一部の施行について


良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律の一部の施行について
(平成19年3月30日 医政発第0330010号)

平成18年6月21日付けで公布された、良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律(平成18年法律第84号。以下「改正法」という。)により、医療法(昭和23年法律第205号)の一部が改正されたところである。このうち、改正後の医療法(以下「法」という。)における病床を有する診療所に関する規定については、既に本年1月1日から施行されているところであるが、医療機能情報の提供に関する規定、入院診療計画書及び退院療養計画書に関する規定、医業、歯科医業又は助産所の業務等の広告に関する規定、医療の安全の確保に関する規定、病院、診療所及び助産所に関する規定、医療提供体制の確保を図るための基本方針に関する規定、医療従事者の確保等に関する規定、医療計画に関する規定、医療法人に関する規定、医師法(昭和23年法律第201号)及び歯科医師法(昭和23年法律第202号)の改正に関する規定並びに保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)の改正に関する規定(保健師、助産師、看護師及び准看護師の行政処分及び再教育研修に関する事項を除く。)については、本年4月1日から施行されることとされているところである。
これに伴い、医療法施行令等の一部を改正する政令(平成19年政令第9号。以下「改正政令」という。)が本年1月19日付けで、医療法施行規則の一部を改正する省令(平成19年厚生労働省令第27号。以下「改正省令①」という。)及び医療法施行規則別表第一の規定に基づき厚生労働大臣が定める事項を定める件(平成19年厚生労働省告示第53号)が本年3月26日付けで、医療法施行規則の一部を改正する省令(平成19年厚生労働省令第39号。以下「改正省令②」という。また、改正省令①及び改正省令②による改正後の医療法施行規則を、以下「新省令」という。)、医業、歯科医業若しくは助産師の業務又は病院、診療所若しくは助産所に関して広告することができる事項の件(平成19年厚生労働省告示第108号。以下「広告告示」という。)、医療提供体制の確保に関する基本方針(平成19年厚生労働省告示第70号)、厚生労働大臣の定める社会医療法人が行うことができる収益事業(平成19年厚生労働省告示第92号)、厚生労働大臣の定める医療法人が行うことができる社会福祉事業の一部を改正する件(平成19年厚生労働省告示第93号)が本年3月30日付けで公布されたところであり、併せて、医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関して広告することができる事項(平成14年厚生労働省告示第158号)、厚生労働大臣が定める研修体制、試験制度その他の事項に関する基準(平成14年厚生労働省告示第159号)、医療法第71条第1項第8号の規定に基づく助産師の業務又は助産所に関して広告し得る事項(平成5年厚生省告示第24号)及び厚生労働大臣の定める医療法人が行うことができる収益業務(平成10年厚生省告示第108号)が、本年3月31日限りで廃止されることとされたところである。
本改正の要点は下記のとおりであるので、御了知の上、その運用に遺憾のないよう特段の御配慮をいただくとともに、管下政令指定都市、保健所設置市、医療機関、関係団体等に対し周知願いたい。
なお、医師法及び歯科医師法の改正に関しては、別途通知することとしているので併せて御了知願いたい。







Ċ
admin mfeesw,
2011/09/08 8:22