通知‎ > ‎平成の通知‎ > ‎

平成19年07月20日 医療計画の作成及び推進における保健所の役割について


医療計画の作成及び推進における保健所の役割について
(平成19年7月20日 健総発第0720001号)

標記については、平成19年7月20日医政発第0720003号「医療計画について」をもって、医療計画作成指針が示されたところであるが、医療計画の作成及び推進における保健所の役割について、下記のとおり都道府県、保健所設置市及び特別区が留意すべき事項を定めたので、この旨御了知の上、良質な医療を提供する体制の確立を図るための医療法等の一部を改正する法律(平成18年法律第84号)による改正後の医療法(昭和23年法律第205号)に基づく都道府県医療計画(以下「医療計画」という。)を、平成20年4月1日の適用に向けてできるだけ速やかに作成するとともに、医療計画作成後はその趣旨、内容の周知徹底を図り、その推進に遺漏なきを期されたい。
また、平成2年6月28日健政計第22号「地域保健活動の充実強化について」及び平成2年11月30日健政計第46号「地域保健医療計画の作成について」は廃止する。
なお、本通知は地方自治法(昭和22年法律第67号)第245条の4第1項に基づく技術的助言であることを申し添える。