2 医療計画の作成及び推進における保健所の役割


[通知] 医療計画の作成及び推進における保健所の役割について

2 医療計画の作成及び推進における保健所の役割

(1) 情報の収集、整理及び活用の推進
所管区域に係る医療に関する情報(例:医療機関の人員、施設設備、診療機能等に関する情報)の収集、管理及び分析を行うこと。

(2) 地域における健康危機管理の拠点としての機能の強化
① 健康危機の発生に備え、地域の保健医療の管理機関として、平常時から法令に基づく監視業務等を行うことにより、健康危機の発生の防止に努めること。
② 地域の医師会及び消防機関等の救急医療に係る関係機関と調整を行うこと。
③ 保健衛生部門、警察等の関係機関及びボランティアを含む関係団体と調整すること。

(3) 企画及び調整の機能の強化
① 地域における保健、医療、福祉のシステムの構築、医療機関の機能分担と連携、地域における健康危機管理の拠点としての機能の強化等について企画及び調整を推進すること。
② 医療計画作成指針において、「第4 医療計画作成の手順等」の「2 疾病又は事業ごとの医療連携体制構築の手順」の「(2) 協議の場の設置」の「②圏域連携会議」に「その際保健所は、地域医師会等と連携して当会議を主催し、医療機関相互または医療機関と介護サービス事業所との調整を行うなど、積極的な役割を果たすものとする。」と記載されており、この点に留意すること。