通知‎ > ‎平成の通知‎ > ‎

平成20年10月03日 ペン型インスリン注入器の取扱いについて


ペン型インスリン注入器の取扱いについて(医療機関への注意喚起及び周知徹底依頼)
(平成20年10月3日 医政総発第1003001号・薬食安発第1003001号)

医療機関における医療安全の確保については、従来より適切な対応をお願いしているところです。
今般、医療機関において、針が交換可能な個人使用専用の器具であるペン型インスリン注入器の複数の患者への使用事例が判明いたしました。
このペン型インスリン注入器(以下「当該器具」という。)は、糖尿病患者がインスリン療法において使用する器具であり、インスリンのカートリッジ製剤と注入器が一体となったタイプのキット製剤及びカートリッジを交換できるタイプの注入器(別添図参照)があります。いずれも個人専用として使用する器具であり、使用時に血液がカートリッジ内に逆流した場合、感染症の原因となる可能性があるため、複数の患者に使用しない旨が添付文書中に記載されているところです。
そこで、医療安全対策に万全を期すため、当該器具の使用について、貴管下医療機関に対し、添付文書による使用方法の再確認を行う等、適切な使用について、改めて周知徹底をお願いいたします。
あわせて、管下医療機関に対し、当該器具を複数の患者に使用した又は可能性があった場合は、管下保健所への報告を求める等、関係部局間と連携のうえ、該当医療機関への適切な指導をお願いいたします。
また、当該器具の製品名等の一覧は、別紙のとおりです。
なお、当該器具と同様に個人専用に使用するヒト成長ホルモンの注入器等につきましても、適正な使用が行われるようあわせて周知願います。

(留意事項)
本通知の内容については、貴管下医療機関の医療に係る安全管理のための委員会の関係者、安全管理者、医薬品及び医療機器の安全使用のための責任者等に対しても、周知されるよう御配慮願います。 







[通知] ペン型インスリン注入器の取扱いについて(医療機関への注意喚起及び周知徹底依頼)


Ċ
bessi.pdf
(91k)
admin mfeesw,
2011/09/02 22:16
Ċ
admin mfeesw,
2011/09/02 22:11