第4 周産期母子医療センター運営事業


[通知] 周産期医療対策事業等の実施について

第4 周産期母子医療センター運営事業


1 目的


(1) この事業は、周産期母子医療センターへの補助として、整備指針に従い作成される周産期医療体制整備計画に記載された周産期母子医療センターの診療機能、病床数及び過酷な勤務状況にある医師、看護師等の確保や処遇改善等に必要な周産期母子医療センターの充実強化について迅速かつ着実に推進することを目的とする。

(2) 周産期母子医療センターにおいて、産科、小児科、麻酔科、救急医療の関連診療科(脳神経外科、循環器内科、心臓血管外科等)を有し、救命救急センターを併設し、必要な設備人員を備え、24時間体制で受け入れる体制を整えることにより、産科合併症以外の合併症に対する対応の強化を目的とする。

(3) 搬送受入促進事業は、妊婦・新生児の受入れを促進するため、総合周産期母子医療センター及び地域周産期母子医療センターにおいて、開業医等の協力を得て、夜間、休日等に近隣の医師等が勤務し、妊婦・新生児の受入の促進を図ることを目的とする。

(4) 必要に応じ、麻酔科医を確保するものとする。

(5) 必要に応じ、臨床心理士等の臨床心理技術者を確保するものとする。


2 実施主体

この事業の実施主体は、整備指針に従い策定される周産期医療体制整備計画に基づき指定又は認定された周産期母子医療センターを対象とする(ただし、独立行政法人、国立大学法人を除く。)。
なお、MFICU、NICU、GCUのいずれかの病床が実質稼働または稼働を予定をしている場合に限る。


3 運営方針

整備指針及び周産期医療体制整備計画に定めるところによる。


4 整備基準

整備指針及び周産期医療体制整備計画に定めるところによる。





[通知] 周産期医療対策事業等の実施について