通知‎ > ‎平成の通知‎ > ‎

平成21年09月24日 血液浄化療法における血液回路の接続部位のルアーロック化について(周知依頼)


血液浄化療法における血液回路の接続部位のルアーロック化について(周知依頼)
(平成21年9月24日 医政総発0924第1号・薬食安発0924第1号)

血液透析、血液濾過、血漿交換等の血液浄化療法において、血液回路の接続部位が外れたことにより、血液が漏出するなどの事故事例が知られております。
血液浄化療法時の血液回路の接続部位での接続の確実性と標準化を図るため、これまでに厚生労働科学研究においてや関係学会又は職能団体が作成した指針等において、各接続部位にはルアーロック式(ねじ込み式)とすることが示されているところです。
今般、接続部位外れを防止するために、日本医療器材工業会は、血液回路の血液漏出のリスクが高い接続部位をルアーロック式の製品へ統一化し、スリップイン式(差し込み式)の製品については、順次ルアーロック式の製品に切り替えることなりました。
ついては、貴管下の医療機関に対して、接続部位がスリップイン式の血液浄化療法時の血液回路は順次、ルアーロック式に統一されること及び血液浄化療法時の血液回路に接続する医療機器(例えば、血液凝固阻止剤投与用の注射筒又は輸液セット等)の接続部位にあっては、ルアーロック式を採用すべきであることについて、周知方お願いいたします。

(留意事項)
本通知の内容については、血液浄化療法を実施している貴管下医療機関の医療安全に係る安全管理のための委員会の関係者、医療安全管理者、医療機器の安全使用のための責任者等に対しても周知されるようご配慮願います。 

(参考)
本通知を含め、医薬品・医療機器の安全性に関する特に重要な情報が発出された際に、その情報をメールによって配信する「医薬品医療機器情報配信サービス」が、独立行政法人医薬品医療機器総合機構において運営されております。以下のURLから登録できますので、ご活用下さい。

医薬品医療機器情報配信サービス http://www.info.pmda.go.jp/info/idx-push.html 



[通知] 血液浄化療法における血液回路の接続部位のルアーロック化について(周知依頼)


Ċ
admin mfeesw,
2011/08/27 0:43