通知‎ > ‎平成の通知‎ > ‎

平成22年03月30日 医療機関における自家細胞・組織を用いた再生・細胞医療の実施について


医療機関における自家細胞・組織を用いた再生・細胞医療の実施について
(平成22年3月30日 医政発0330第2号)

再生・細胞医療は、臓器機能の再生等を通じて、国民の健康の維持並びに疾病の予防、診断及び治療に重要な役割を果たすことが期待されている。
今般、先端的な医療である再生・細胞医療が有効性及び安全性の高い形で患者に提供され、普及していくよう、医療機関における自家細胞・組織を用いた再生・細胞医療の実施に当たり、関係者が留意すべき要件を別添のとおり定めたので、貴管下関係者へ周知方御配慮願いたい。
なお、本通知は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第245条の4第1項の規定による技術的な助言であることを申し添える。





[通知] 医療機関における自家細胞・組織を用いた再生・細胞医療の実施について