5 医薬品の安全使用のために必要となる情報の収集等について


[通知] 医薬品の販売名の類似性等による医療事故防止対策の強化・徹底について(注意喚起)

5 医薬品の安全使用のために必要となる情報の収集等について

医療法及び薬事法の規定により、医薬品安全管理責任者は、医薬品の安全使用のために必要となる情報の収集その他の医薬品の安全使用を目的とした改善のための方策を実施し、情報収集・管理を行い、必要な情報について当該情報に係る医薬品を取り扱う従業者に迅速かつ確実に周知徹底を図る必要がある。
また、迅速な安全性情報の収集を可能にし、その業務を円滑に実施するため、医薬品・医療機器の安全性に関する特に重要な情報が発出された際に、電子メールによる情報配信を行う「医薬品医療機器情報配信サービス」があり、以下のURLから無料で登録できるので、積極的に活用されたい。

・ 「独立行政法人医薬品医療機器総合機構医薬品医療機器情報配信サービス」
http://www.info.pmda.go.jp/info/idx-push.html
なお、別添3のとおり、社団法人日本病院薬剤師会から平成20年11月21日付けで「疑義照会の徹底及び医薬品安全管理手順書の緊急点検について」が通知されているので、上記の事項を実施する際の参考とされたい。
・ 「疑義照会の徹底及び医薬品安全管理手順書の緊急点検について」
http://www.jshp.or.jp/cont/081121-2.pdf

(留意事項) 本通知の内容については、貴管下医療機関の医療に係る安全管理のための委員会の関係者、安全管理者、医薬品及び医療機器の安全使用のための責任者並びに薬局の医薬品の安全使用のための責任者等に対し、周知・徹底されるよう御配慮願います。 





[通知] 医薬品の販売名の類似性等による医療事故防止対策の強化・徹底について(注意喚起)