4 その他


[通知] 特別医療法人について

第4 その他

1 特別医療法人の定款例及び寄附行為例について
特別医療法人の定款例及び寄附行為例を別紙のとおり定めることとしたこと。

2 税務当局への届出について
特別医療法人の設立又は特別医療法人とするための定款等の変更がなされたときは、当該特別医療法人は、設立の日又は定款等の変更がなされた日以後2月以内に、都道府県知事(厚生労働大臣)の設立認可書又は定款変更等認可書に定款等の写し等を添付し、これを納税地の所轄税務署長に提出するものとすること。

3 特別医療法人に対する財産の提供について
特別医療法人の設立又は特別医療法人とするための定款等の変更に伴い、特別医療法人に対して財産の贈与又は遺贈があった場合に、租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第40条第1項後段の規定に基づく国税庁長官の承認を受けようとする者は、当該贈与又は遺贈があった日から3か月以内に、納税地の所轄税務署を経由して承認申請書等を提出する必要があること。
この場合において、特別医療法人の設立の場合にあっては、特別医療法人を設立するために設けられた設立準備委員会又は発起人会において、法人の設立登記の日をもって贈与又は遺贈の効力が生ずるものとして財産の贈与又は遺贈を受け入れる旨の決議が行われた当該財産の贈与又は遺贈について、特別医療法人とするための定款等の変更の場合にあっては、当該法人の理事会等権限ある機関において、定款等の変更認可がなされた日をもって贈与又は遺贈の効力が生ずるものとして財産の贈与又は遺贈を受け入れる旨の決議が行われた当該財産の贈与又は遺贈について、国税庁長官の承認を受けるものとすること。